アクティヴレイド2nd 4話 感想! ミュトスと協力したりバードが戻ってきたり

シェアする

アクティヴレイド2nd 感想

アクティヴレイド2nd4話を見終わったので感想を書いていこうと思います。
今回でミュトスが仲間になったりバードが戻ってきたりして少しずつ物語が動いている印象。

アクティヴレイド2nd 4話「再びのミュトス」

アクティヴレイド2nd 5話感想

タイトル通り1期のラスボスと言うか黒幕だったミュトスが再登場。
ミュトスが起こした事件の規模が大きすぎただけに要監視対象の様な扱い。
何となく察することが出来ると思いますが今回は、ミュトスに協力してもらって事件を解決する話になります。
今回のウィルウェア事件は、無人のバイク型のウィルウェアがアッチコッチ走り回るだけ。
別に誰も傷ついてないので単なる暴走行為ってだけなので事件性は、薄いのですが今回の件で物語が少し動きましたね。

簡単に書くと1期で海外逃亡したバード(八条)が戻る事が判明します。
1期の頃の状況を見ても分かりますがバードに対抗出来ないのでダイハチ(警察)側は、ミュトスに協力して貰うことにしたって状況。
一応、これで1期の物語と2期の話が繋がり今回バードを捕まえられれば全部丸く収まる事になりますね。

とりあえず、こんな感じで2期になってから毎回しっかり話しが進むので1期と違った楽しさがあります。
ミュトスが仲間になって敵側にバードが居るので今後は、多少なり騙し合いみたいな事にもなるのかな?
まぁ本格的に動き出すのは、もう少し先になると思いますが……

次回も何かしら大変そうな事件が起きそうなので次回も楽しみにしたいと思います。