【だがしかし】第4話「ふがしとふがしと…」 感想! 利きふ菓子とグリコのキャラメル!

だがしかし アニメ感想

「だがしかし」4話「ふがしとふがしと…」の感想記事です。
いつも通り見た感想を簡単に書いていきますよ。

第4話「ふがしとふがしと…」

    【今週の】

  • ふ菓子とグリコのキャラメル

あらすじ

ココノツが店に帰ると、目隠しをして両手を縛ったほたるが床を這っていた。
驚いて何事か問いただすココノツに、ほたるは「利きふがし」勝負をしようと言い出す。いつもようにほたるのペースにハマり、ココノツも目隠し両手拘束でイザ!勝負に挑む!

感想

だがしかし アニメ 4話 感想

今回の紹介される駄菓子は、ふ菓子とグリコのキャラメル。
ふ菓子の方は、利き酒ならぬ利きふ菓子対決をするお話で、グリコのキャラメルは、ただ走るだけ。
グリコの方は、完全に豆知識をやたら仕込んでくるので「へ~」と思いながら見れました。
今回一番の見どころ、利きふ菓子対決は、手を縛って目隠しをする一見すると「あれ? お色気路線に入った?」と思わせるビジュアルになりますがギャグアニメなので見た目だけで終わってギャグのノリで最後まで進みます。

内容の方は、……いつも通りかな?
特に可もなく不可もなく「なんで30分枠でやったのかな?」と思いながら見てました。
とまぁ、そんな感じで特に面白い部分も無く。
原作の勢いで一気に突っ切る感じをアニメであまり感じないので今回も相変わらず「なんだかな……」と言った感じでした。

スポンサーリンク