【ハイスクール・フリート】 1話 感想! 日常アニメ風な皮を被ったシリアスなアニメだったぞ! 

ハイスクール・フリート 1話 感想

「ハイスクール・フリート」1話を見終わりました。
放送前は、“はいふり”のタイトルで告知や宣伝していましたが正式タイトルは、“ハイスクール・フリート”でした。
まぁ「だから、なんだ?」って気もしますがアニメ1話は、面白かったですよ。

1話「初航海でピンチ」

はいふり 1話 感想

    【今週のハイスクール・フリート】

  • 1話から結構攻めてる
  • ドンパチも結構する
  • 割りとサービスも多い

キャラの見た目と広報の頑張りでアニメ放送前は、日常モノだと思っていた人が多かったみたいですが先行上映会を見た人の情報で最初からドンパチやるのも何か大変な事になるのも知っていましたが単純に面白かったです。
キャラ同士の会話のテンポもよく、作画も安定していますし何より1話から物語も一気に進むので掴みは、バッチリ。

1話の内容を簡単に書くと「ブルーマーメイドを目指して入学して初の実習で教官の艦から攻撃を受けて反撃したら反乱した事にされちゃった……」と言った内容。
最初からサービスや軽い百合要素を入れて日常アニメの皮を被せて終盤でドンパチして1話終了になります。
最近は、女の子に過酷な運命を背負わせるアニメが増えているので「パンを咥えた女の子と曲がり角でぶつかる」くらい、お約束のパターンですがシリアスもギャグも30分の枠に詰め込んでテンポも良かったので「凄いアニメが登場したな」と……

ただ、この内容で人死が出るか出ないかで今後の展開が気になる所ですね…… 個人的には、出て欲しいんですが人死が出るとしたら艦が沈むしか無い気がするので人死があるとしたら主人公(はれかぜ)側が沈まないで幼馴染の艦かな?

まぁあくまで予想と願望ですし、原作無いアニメなので先が分かりません。
とりあえず来週(2話)以降も楽しみです。

1話からサービスシーン

はいふり 1話 サービス

1話Aパートから濡れ透け、戦闘後に脱いだりとサービスが多かったですね。
この調子で来週も脱ぎ続けるのか気になる所でもあります。