【ハルチカ】 12話(最終回) 感想! 草壁先生が引き抜きに!? 大会と来年は、どうなる!!

シェアする

ハルチカ アニメ 感想

ハルチカ」12話(最終回)を見終えました。
アタリ回とハズレ回がはっきりしているアニメって印象でしたが気がつけば最終回ですよ……

12話「共鳴トライアングル」

ハルチカ 12話 感想

    【今週のハルチカ】

  • 草壁先生を引き抜きに……
  • モヤモヤした終わり方なのは、変わらず
  • ちゃんと演奏してる……

今回は、今までの様なミステリーとかは、無くこの物語の〆と言った感じの最終回。
内容を簡単に言えば草壁先生が交響楽団に引き抜きにあって「どうしましょ?」と言った感じの内容。
あと草壁先生絡みの謎だったドイツ・ベルリン交響楽団の指揮をすっぽかした理由が分かります。
まぁ理由が分かると言ってもいつもの様に多く語られる事は、無く「先生の大切な人が亡くなった」この一言。
「えっ!? これで終わり?」と言った感じの終わり方なので相変わらずモヤモヤが残る終わり方でしたが、今回で終わりです。

ちゃんと演奏してる……

ハルチカ 最終回

今まで「吹奏楽は、設定だけ!」と言わんばかりにミステリー重視の作品でしたが今回は、最終回って事もあり、ちゃんと演奏しています。
いつもの様に練習だけって事もなく大会でしっかり演奏していました。

最後にネタバレと言うか、終わり方を書くと……
大会は、銅賞で終わり、先生は、来年も続ける事に、芹澤さん入部して終わります。
この後も続けられそうな終わり方でしたが…… まぁどうでしょうかね?