アイドルメモリーズ 6話感想

アイドルメモリーズ

アイドルメモリーズ6話を見終わったので感想を書いていこうと思います。
以下、感想

アイドルメモリーズ 6話感想

アイドルメモリーズ 6話
前回の白雪プログラムを終えて一皮むける感じのお話。
ちなみにStarRingが行った路上パフォーマンスは、失敗に終わったみたい。
と言うか、路上パフォーマンスの結果だけ語られるので特に失敗した感が無いまま物語が進みます。
Shadowの方は、作詞の先生が一気に書き上げて何か影響を受けて終わり。

その後Shadowは、一皮むけて練習に励み。
StarRingは、路上パフォーマンスの失敗から自分たちの考えを改めて練習を開始。
最後にStarRingが2度目の路上パフォーマンスを行い成功して6話終了です。

今回は、パフォーマンス(ライブ)がありましたがダンスシーンとかは、少なく後で歌が流れる程度のモノでした。
今回は、いつもより何がしたいのか分かりやすい構成でしたが見せ場が無いのは、相変わらずだった印象です。