くまみこ 11話感想 アイドルコンテスト出場の為に大都会、仙台へ!

くまみこ 感想

くまみこ11話を見終わったので感想を書いていこうと思います。
今回で11話って事で物語も終盤で最終回が近づいてる感じをヒシヒシと感じられる内容でしたよ。

くまみこ 11話「都会へGO?」

くまみこ 11話 感想

Aパートは、東北アイドル自慢コンテストに出場する為の説得と特訓。
良夫くんが勝手に応募した結果、一次選考を突破し本選に進出できる事になった、まち。
前回のアイドルデビューでトラウマを抱え、絶対に行かないと言い出しましたが、今回の件をクリアできたら都会っ子認定って事でアイドルコンテストに出場する事を決めます。

Bパートは、大都会(仙台)に到着コンテストのリハーサル中に相変わらずのネガティブ思考と田舎コンプレックスを発揮して逃亡して終了。
ちなみに東北アイドル自慢コンテストと書きましたが正確には、ご当地アイドルイベントです、ろこどるです。

ナツの本心

くまみこ 11話

今回の見所は、まちが都会(仙台)に行った事よりナツの本心が語られた事かな?
独り言みたいなモノですが「まちが村の外に出て行かないで欲しいと」と言ったのは、大きいですね。

実際の所、コンテストのリハーサルで逃げ出してしまったので村の外で生きていくのは、無理な気もしますけどね……

スポンサーリンク