くまみこ 12話感想 何だかんだで綺麗に終わった最終回!

シェアする

くまみこ 感想

くまみこ12話を見終わったので感想を書いていこうと思います。
今回は、日常話と言うより今まで積み上げてきたモノの総まとめって感じかな?

くまみこ 12話「決断」

くまみこ 最終回

Aパートは、東北アイドル自慢コンテストから逃げ出したまちを探す所からスタート。
会場の周りを探しても見つからず良夫くんがナツに電話して相談したりしましたが見つからず……
良夫くんがナツにまちが居なくなった事を教えた途端、ナツが家を飛び出して仙台に向かいます。
Aパートの見所は、良夫くんが村おこしプロジェクトの大切さをしっかり説明したり、それを聞いたまちが色々考えたりする部分かな?

Bパートは、ナツが仙台に辿り着き、まちがアイドルコンテストに出て神楽舞を披露して終了。
アイドルコンテスト後は、エピローグ。
別に何かあるわけでもなく村の皆が笑い合う姿やまちが「都会の高校に行かない」と言いだしてナツの願いも叶って終了です。
ちなみに都会の高校に行かない事に決めた途端、いつも以上にナツがまちを甘やかしてましたよ。

今回は、最初からシリアスムードで物語が進みましたが、何も書くことが無い日常話より見応えがありましたね。
1話の出来は、良かったけど途中から失速した感があり心配でしたが最終回は、綺麗に締めてくれたので良かったです。

スポンサーリンク

シェアする