ラブライブ!サンシャイン!! 3話 感想 初ライブで体育館を埋られれば、部として認められる事に!!

ラブライブ!サンシャイン!! 感想

ラブライブ!サンシャイン3話を見終えたので感想を書いていこうと思います。
アニメ最初の山場3話って事でライブシーンなどあり情報量の多い回でした。
まぁ流れ的に無印と似ていましたが、ここから多少なり変化があるのか気になる所。

ラブライブ!サンシャイン 3話「ファーストステップ」

ラブライブ サンシャイン マリー

前回、梨子のスクールアイドル部加入後から3人で練習をしている所からスタート。
今回で生徒兼理事長の小原鞠莉(マリー)の登場やスクールアイドル部として認められる為に初ライブなど情報量が多い回でした。
一つ一つ書いていくと多くなりますが簡単に書くと「マリーの登場で承認条件が変わり、体育館を満員にしたから部として認める」ってお話です。

途中まで「1話と同じように無印(μ’s)の時と同じような流れなんじゃ?」と思いましたが最後の最後で無印と展開を変えて調子よく進む流れになってましたね。
個人的に一回挫折というか落とす回があった方がいいと思っているので、今回上手い具合に進んでしまい今後も都合のいい展開で進みそうで心配かな?
まだ3話なので今後の展開に期待しつつ見ていきたいと思います。

ラブライブサンシャイン 曜

キャラクターだと梨子と曜の2人が目立ってた印象。
見え隠れしていた梨子のポンコツ具合が一気に出てきたので面白枠になってました。
逆に曜がハイスペックで衣装製作(裁縫)、ビラ配り(宣伝)、ダンスのフォームチェックなど大体の事ができてますしビラ配り中に人気も出て1人だけスペックが違いました。

ちなみに今回からまともに登場した鞠莉は、最初の登場でインパクトがありましたが最初に部の承認条件を出して早々に退場なので今後に期待ですね。

グループ名が決まる

ラブライブサンシャイン 3話感想 

ライブの宣伝している時にグループ名が決まってない事が判明して急遽決める事になりますが出てくる案は、「スリーマーメイド」や「制服少女隊」など。
悩んでいる途中で砂浜で誰が書いたか分からない“Aqours”の文字を見つけてグループ名をAqoursに決めます。

初ライブ

ラブライブサンシャイン 3話ライブ 

今回(3話)の目玉、ライブシーンですがライブ当日は、大雨。
体育館は、数人生徒がポチポチいる状態で部の承認条件を満たさずにライブ開始。
途中停電等のハプニング等で「もう駄目かな?」って所で千歌が開始時を間違えていた事が判明。
ちゃんとした開始時間になるとお客さんが集まり体育館を埋めて、部の承認条件を満たして終了です。

スポンサーリンク