ラブライブ!サンシャイン!! 9話 感想! 3年生も加入して遂にフルメンバーに!!

シェアする

ラブライブ!サンシャイン!! 感想

ラブライブ!サンシャイン!!9話を見終わったので感想を書いていこうと思います。
今回でフルメンバー揃って物語も終盤に向かって動き出します。

ラブライブ!サンシャイン!! 9話「未熟DREAMER」

ラブライブ!サンシャイン 9話

今回は、3年生がメイン
まぁ3年生というか今回は、果南と鞠莉の関係修復ですかね。
関係修復後は、3年生組がAqoursに加入して9人(フルメンバー)になりました。

お話の方は、過去のいざこざや関係修復等で若干シリアスな雰囲気で進んでいきますがBパートからシリアスは、薄らいでいきます。
大事な所は、しっかりやりますがコメディ路線に戻っているので見やすかったです。

3年生加入は、根深い問題かと思っていましたが割りかしあっさり解決。
そのままAqours加入も終えて、やっと全員がスタートラインに立ったって感じですかね。
残りの話数で流石に入学者増やすレベルの事をするのは、厳しいと思いますが…… どんなラストになるんでしょうかね?
まぁ分割2期だと思いますが……

果南と鞠莉

今回のお話は、果南と鞠莉の2人がメイン。
今までは、「東京のイベントで果南が歌えなかったのが原因でスクールアイドルを辞めた」と言う話でしたが実際問題歌えなかったのも辞めたのも別の理由。

歌えなかった理由は、歌えなかったんじゃなくて鞠莉が足を怪我していてわざと歌わなかったとのこと。
スクールアイドルを辞めた理由は、鞠莉に留学や転校の話がある度に鞠莉が断ってた。
果南が鞠莉の将来を思ってスクールアイドルを辞めたとか。

今回でココらへんの話もしっかり終わらせて仲直りして終了です。