迷家 5話 感想! コミュニティが壊れ始めた感が出てきたんだが…… あと、でっかい何かが遂に登場!

迷家 感想

「迷家」5話を見終えたので感想を書いていこうと思います。
前回、謎を散りばめて終わりましたが今回で解決するはずもなく……
そして遂に今回、あの大きな何かが登場しましたよ!

迷家 5話「ユウナ3人いると紛らわしい」

迷家 5話

今回は、どちらかと言うと今現在いるメンバーの人間関係を中心に描いている印象。
下山組は、前回トンネルから逃げ出して村に戻ってきましたが今度は、「黒幕が~」とか「○○○が怪しい」だとか完全に回りを疑う人達に分かれて完全にコミュニティが壊れ始めましたね。
細かい部分でも何か色々と人間関係がギクシャクしてきた感が出始めたので疑心暗鬼と憎悪嫌悪で大変な事になりそう。

あとラストで今まで謎だった大きな何かが出てきます、出てきただけで正体は、一切分かりませんが……

過激派

迷家 過激派

誰が怪しいとか黒幕だとか言ってる人達、面倒なので過激派って事で分けます。
怪しいだの黒幕だの言ってるだけなら、まだ「うっさいわ、コイツら……」程度ですが早速、光宗を拉致って牢屋に入れたりしてたので完全にアレな人達です。
過激派と言ってもリーダーが誰とか決まっておらず統制も取れてないので完全に迷惑な人達ですね。

迷家 らぶぽん

ちなみに処刑娘“らぶぽん”もこっち側。
今回は、爪剥ぎをしようとしたら止められてました。
なんかもう迷家は、らぶぽんを演じている加隈亜衣さんの演技が光るアニメになってきた感が私の中で芽生えてきました。

でっかい何か

迷家 ときむね

最後に出てきた、デッカイ何か。
下山組がみたデッカイ何かは、コイツかな?
とりあえず「なんかデカイのが出てきたなぁ~」くらいしか印象に残りませんね……
怖さだけなら目だけ出してた最初の頃の方が怖かったです。
ちなみに光宗がコイツを見て「ときむね」と言ってましたが…… ときむねって誰?

正体は、謎のまま6話に続きます。

スポンサーリンク