【無彩限のファントム・ワールド】 7話感想! みんな猫耳&しっぽが生える、猫祭りだったぞ!!

無際限のファントム・ワールド アニメ 感想

前回、前々回で新たに久瑠美と小糸が仲間になって初めての活動になります。
メインキャラも揃って「何かしらストーリーが進むのかな?」と思いましたが今回も特に何か進む事も無く……
ただ、いつもより演出や雰囲気が違った感じで見ていて面白かったです。

そんな訳で7話「シュレーディンガーの猫屋敷」の感想を簡単に書いていきたいと思います。

7話「シュレーディンガーの猫屋敷」

無際限のファントムワールド 7話

今回相手にするファントムは、タイトルにもありますが猫屋敷です。
野良猫が住み着いたお屋敷(猫屋敷)がファントムになり周囲の人を猫のような性質にする、そんなファントムが相手です。
今回は、モブキャラも沢山出てくるし演出も雰囲気も今までと違う感じなので見ていて新鮮でした。
内容的には、最初に説明されたシュレディンガーの猫をベースにアレコレ膨らませた感じで面白かったです。

みんな猫化!

無7話「シュレディンガーの猫屋敷」

ヒロイン全員猫耳に尻尾も生える見た目もの凄くあざとい回でした。
舞先輩に関しては、今までこれ見よがしに、寄せて上げたり揺らしたりしてましたが今回は、さらに猫耳&尻尾追加で何か色々と詰め込み過ぎ感が半端無かったですね。
戦闘シーンが少しだけありましたが、いつもよりダイナミックに揺れてましたよ。

あと予告動画を見た時は、語尾ににゃーにゃー言う回になると思っていましたが「にゃー、にゃー」頻繁に言ってたのは、久瑠美ちゃんだけでした。