Re:ゼロから始める異世界生活 11話 感想 魔獣との戦いを終え、死に戻りの日々も一区切り!

シェアする

Re:ゼロから始める異世界生活

Re:ゼロから始める異世界生活11話を見終わったので感想を書いていこうと思います。
今回でスバルの長い4日間の物語が終わりになります。

Re:ゼロから始める異世界生活 11話「レム」

リゼロ レム

Aパートは、レムとラムの過去話と魔獣との最後の戦い。
「Aパートだけで詰め込み過ぎじゃね?」と思える情報量ですが魔獣との最後の戦いは、ロズワールの登場でアッサリ終わります。
腸狩りのエルザの時もそうですが最後を締めるのは、強キャラなんですね。

Bパートは、レムの心中が語られ励ましたりする後日談、エピローグですね。
村の子供の1人が翌日には、消えており魔獣使いだったと言う事がわかりますが追う事は、出来ず。
とりあえず今回で死に戻りの4日間は、これで終了になります。

今回は、魔獣との最終対決でしたがレムのお話だった印象が残りますね。
これで2章も終わり次回で3章に入るみたいなので次回も楽しみです。

レムとラム

Re:ゼロから始める異世界生活 11話感想

双子の片方が優秀で、もう片方が普通と言う、よくあるパターン。
ツノが折られる前のラムは、神童と言われるくらい優秀でレムは、普通。
ツノが折られてからは、今ままで見てきた通りレムがラムの代わりになるために過ごしてきた事が語られます。
最終的にスバルに元気づけられてコンプレックスも薄れ解決です。

ちなみにラムのツノが折られた(斬られた)シーンが出てきますが多くは、語られません。
と言うより、なんで魔女教とやらが村を襲ったのか語られませんし、村の人は、皆殺し状態だったのにレムとラムにトドメ刺さず逃したのかも謎。
近いうちに語られるんですかね? これ。