三者三葉 11話 感想 季節は、2月、バレンタイン!!

シェアする

三者三葉 アニメ 感想

三者三葉11話を見終わったので感想を書いていこうと思います。
次回予告どおり今回は、バレンタインのお話です。
まぁバレンタインと言ってもいつも通りの内容でしたよ。

三者三葉 11話「チョコを食べまくる日」

三者三葉 11話

今回は、前回から少し時間が経って2月の物語になります。
Aパートは、バレンタインの話題から気がつけば、葉山と西山の猫写真対決になったり辻(兄)と双葉の勝負になったりしてバレンタインは、全く関係ない話で物語が進みます。

Bパートからバレンタインのお話に移ります。
まぁバレンタインと言ってもバレンタインで大忙しの秘密の花園でバイトするお話です。
だいたいバイトしているシーンで最後に葉子さまが友達や知り合いにチョコを配って終了です。

今回も前回と同じように普通の日常話でしたね。
次回で最終回なので寂しいですが次回も期待したいと思います。

【悲報】葉子さまパンの耳を卒業(予告)

三者三葉 12話

次回のタイトルが「もうパンの耳は、卒業しますわ」でした。
葉子さまからパンの耳を取ったら、元お嬢様しか残らないので一大事ですよ、これは……
(たぶん、卒業しないヤツですよ…… これ)
季節の流れやタイトル的に次回で学年が上がるんですかね?