【少女たちは荒野を目指す】 11話 感想! 遂にゲーム制作も終了! マスターアップだぁぁあああ!!!

少女たちは荒野を目指す アニメ 感想

「少女たちは荒野を目指す」11話を見終えました。
「これは、ゲームの宣伝なんだ…… ロミオならきっと面白いゲームを作ってくれる……」とか思いながら何だかんだ11話まで見ている本作。
今回でマスターアップまでゲーム制作が進みますよ!

11話「これが始まりかもしれない」

少女たちは荒野を目指す 11話感想

    【今週の少女たちは荒野を目指す】

  • 六波羅、久々の分裂
  • 今回(11話)の内に解決
  • マスターアップした

前回(10話)で黒田さんがゲームを作る理由がお兄さんが作った借金を返済する為だった事が判明して終わったので今回は、その続き。
借金云々の事なんて聞かされていなかった六波羅の面々は、怒ってバラバラになり制作は、ストップ。
マスターアップの期間まで残り2週間って所でこの流れですよ…… 最初から最後まで、メンバーがバラバラになるメーカーですね。
メンバーが離れましたが何だかんだで仲直りして六波羅再結成で制作に戻ります。
この時点でマスターアップまで残り時間も少なくなり、泊まり込みのデスマーチの開始です。
デスマーチ中の事は、半ばダイジェストのような感じで流れ、デスマーチを乗り切ってマスターアップ&工場納品で11話終了です。

マスターアップ!!

マスターアップ

今回は、マスターアップと言う修羅場を乗り切る回でしたがデスマーチ中の出来事もダイジェストで流れる感じだったので見所らしい部分は、特にありません。
強いていうならマスターディスクを工場に持ち込むのがギリギリになって電車で直接持ち込みに行くギリギリなシーンが見所かな?
まぁ文字で説明するより見てもらった方が分かるシーンだったのでアニメ本編をみてください。