【Bloodborne The Old Hunters プレイ日記Part3】 初代教区長ローレンス 戦

シェアする

Bloodborne The Old Hunters

仕事が忙しくて通勤中に少しでも進められるVitaのゲームを先にプレイしていて途中で止まっていたBloodborneDLC“The Old Hunters”を再開していきます。
そんな訳でプレイ日記part3を書いていきますよ!

Bloodbone DLCプレイ日記part3

前回“失敗作たち”と“時計塔のマリア”を攻略し終えて次でDLCのラスボス的な存在との戦いになるんですが倒さなくても良いボスキャラ“初代教区長ローレンス”と戦えるようになっていたので先にそっちを攻略しました。
1発が重くて初見の時は、絶望しましたが倒し方が分かると、それなりに戦えます。

初代教区長ローレンス 戦

Bloodbone DLC プレイ日記05

とりあえず1発が痛いですし、下手したら即死なので攻撃に当たらないよう逃げ回ってください。
逃げまわって攻撃を繰り返す、ブラッドボーンらしい戦い方ですね! 基本大事!
まぁ考え方は、こんな感じで細かく書くと「後ろに回って攻撃、膝に攻撃、左手に攻撃」を逃げ回りながらやります。
武器は、重くても軽くてもどちらでも良いと思いますが私は、軽い武器でブンブン振り回してました。
防具は、一応念のため火対策をしておきましたが効果があったかは、分かりません。

Bloodbone DLC プレイ日記04

ローレンスの体力が半分を切ると下半身が無くなります。
どうみても弱ってる筈なのにお約束と言わんばかりに辛くなり長期戦の幕開けです。
攻撃方法が見た目通り這いずり回って手をブンブンするのと口から火を噴射など。
私が攻略した時は、下半身が無くなった時点で攻撃が当たらない位に距離を取り、火を吐いたら近づいて手を殴る、そして逃げるの繰り返しで勝てました。
下半身が無くなても下手したら即死なのは、変わらないので欲張らず、慢心せずでコツコツ攻める基本戦術で勝利です。