ISLAND 体験版 感想

シェアする

ISLAND 体験版 感想

フロントウイングの「ISLAND」体験版をプレイし終わりました。
ゲーム発売前にアニメ化が決定した所を見ると最近の全年齢美少女ゲーム「少女たちは荒野を目指す」や「うたわれるもの 偽りの仮面」の様に全年齢の美少女ゲームと言うジャンルが復活してきている様な感じがしますね。

まぁそこら辺の個人的な考えは、置いといて「ISLAND」体験版の感想を書いていきたいと思います。

ISLAND 体験版 感想

ISLAND 製品版宣伝

今回プレイしたISLAND」の体験版ですが…… 面白かったです。
伝奇要素にSF要素もあり「大丈夫か?これ…… 詰め込み過ぎじゃ?」と最初は、思いましたが何だかんだで一気に読み進めて体験版をプレイし終えました。

個人的にガッツリ伝奇モノの作品が好きなんですが、そこまでガッツリしていないので「伝奇とかちょっと……」と言う人でもプレイしやすいと思います。
まぁ体験版だけ見ると、どちらかと言うとプロローグは、伝奇よりSFの方が強め。
タイムトラベルやタイムパラドックスに関して話したりする事が多かったです。

体験版では、プロローグ終了後にキャラ個別ルート(?)を少しだけ見ることができます。
今回書くのは、プロローグ部分のみです。

プレイ時間やシステム

体験版(プロローグ)プレイ時間は、3時間くらい。
各ヒロインや主人公、世界観の設定紹介がメイン。

システムの方は、フローチャートがあるので、どこで分岐するか分かりやすいですね。
体験版だけでもBADENDがあるので体験版以降もエンディングが多いのか気になります。

面白いのどうなの?

先に書きましたが体験版をプレイした限りですが“面白い”です。
5年前の事件、刹那の正体、呪い(煤紋病)など謎な要素もあり製品版で上手くまとめられるかも気になります。

後半は、何か世界が大変な事になってる感があり壮大なストーリーになりそうなので製品版を楽しみにしたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする