【オーディンスフィア レイヴスラシル プレイ日記part5】 死と暗闇の剣 終了!

オーディンスフィア レイヴスラシル プレイ日記

オーディンスフィア レイヴスラシル”4つ目の物語を終わらせました。
残るメインキャラは、1人だと思うので予定通り進行できそうです。

オーディンスフィア レイヴスラシル プレイ日記part5

オーディンスフィア-レイヴスラシル-プレイ日記20

ちなみに今回プレイしたオズワルドの物語は、先にプレイしたキャラの物語より早く終わりました。
以下、オズワルド編の感想とかそんな感じの記事になります。

死と暗闇の剣

ストーリー的にやってる事は、最初にプレイしたワルキューレの少し前の部分のお話ですね。
今回の物語で戦場で一度だけ出会ったオズワルドがグウェンドリンに惚れている理由が分かります。
グウェンドリンが目覚める前ので物語が終わるので続きは、ワルキューレの中盤に続く形で終了しました。

今回の主要キャラクター

オーディンスフィア-レイヴスラシル-プレイ日記19

今回の物語の主要キャラは、オズワルドとグウェンドリン、その他に妖精国のサブキャラですかね。
まぁグウェンドリンと言っても基本的に寝てるだけで妖精国の争いの方が目立っている印象が残ります。
基本的にオズワルドがアッチコッチ飛び回って敵をバッサバサと斬り伏せていく、そんな物語なのでオズワルド以外は、そこまで目立っている感じは、しませんでした。

ストーリー(感想)

「最初にプレイしたワルキューレの補足的内容だったかな?」と言うのが正直な感想。
ストーリーは、良いんですが別にここまで長ったらしくやらなくても…… と言った感じも多少ありました。
まぁ、これで細かい部分は、埋まったので次は、謎のまま最後まで残ったベルベットの物語になりゲームも終盤になります。
大体、似たようなな時間軸の物語を何回も繰り返しているので多少飽きが来ましたが休日で一気に進めて終わらせたいと思います。