【ソフィーのアトリエ プレイ日記Part4】 「夢って一体何なのか?」 シナリオ的に終盤に入ったぞ!

シェアする

ソフィーのアトリエ

レシピを埋めずに一気に進めてみたら、とんでもなくサッサと進み正直、驚きました。
錬金術レベルは、必要最低限揃えているので失敗すること無く進行中。
攻略自体は、楽なのでシリーズ初プレイの私でもストレスなくプレイできています。

いつも通りプレイ日記は、ネタバレ控えめで細かい所は、省いて書いています。

第4回「ソフィーのアトリエ」プレイ日記

ソフィーのアトリエ プレイ日記10 プラフタ

前回“プラフタ”の体(人形)を作り魂を移したソフィー。
「元は、人間だったから記憶を戻す為に人間に近づけた方が良いじゃない?」と言う発想の元の行動だったのでこれが吉と出るかは、分かりません。
何はともあれ、これで物語の中盤が終わった形になり次の“希望のレシピ”と“夢のレシピ”に移ります。

ちゃんと前には、進んでる! 大丈夫!

ソフィーのアトリエ プレイ日記12

本の時は、記憶が戻らなくなっていましたが人形の体になって少しずつ記憶が戻り始めたプラフタですが今回は、“プラフタの記憶”や“知識の大釜”の話というより、このゲームのテーマと言うか主題的な部分がメインになるストーリーメインの回と言った感じです。
まぁストーリーメインと言っても多少は、錬金術で必要なアイテムを作ったりしないと駄目ですが“成長のレシピ”の時と比べるとレシピ埋めたりする必要は、余りありませんでしたよ。

ちなみに今回からプラフタが戦闘できる様にする為のアイテム“ヘクセ・アウリス”を錬金術で作る事が可能になります。

ソフィー衣装チェンジ

ソフィーのアトリエ プレイ日記13

仕立師の“レオン”さんがソフィーに新しい服をプレゼントしてくれるので今回からソフィーの衣装も変わります。
ステータスなどが変わることは、ありませんが見た目が派手になりますね。

ちなみに今回のストーリーの取っ掛かりを作るのも、このレオンさんです。

夢って、一体何なのか?

ソフィーのアトリエ プレイ日記14

そんなこんなで、今回の主題。
レオンは、「国一番の仕立師になるのが夢」だったが品評会で優勝して国一番の仕立師になれて夢を叶えたけど満たされなかったとのこと。
色々考えてたら嫌気がさして名前を捨てて旅に出て今に至る、と告白されます。

そして過去が明らかになたレオンから、この一言「夢って一体何なのか?」ですよ。
これが今作の主題と言うかテーマみたいなものです。

まぁ細かい所は、省いて一気に飛びますがこの後、レオンの告白をうけたソフィーがレオンを元気づけてレオンの本当の夢は「自分の作った服で着た人を笑顔にしたい」だった事に気が付き終了です。

夢(目的)と過程がごっちゃになった結果、夢を見失ったと言った感じの内容ですかね。
とりあえず、これが今作のテーマ的な内容でシナリオ的には、終盤に入ります。
この(アトリエ)シリーズ初プレイなので過去作の事は、知らないんですが「結構展開早いのね?」と思いましたが止まらず次のお話に続きます!