【ソフィーのアトリエ プレイ日記Part5】 いざ叡智の門へ! 知識の大釜を手に入れよう!!

ソフィーのアトリエ

プレイ日記5回目ですが早いもので、ラスボス一歩手前ですよ!
いつも通り細かい所は、省きつつネタバレも軽い部分だけでお送りします。

第5回「ソフィーのアトリエ」プレイ日記

ソフィーのアトリエ プレイ日記14

「夢って一体何なのか?」と言う話を終えて作品のテーマ的なモノに触れて早々とシナリオ的に終盤に突入して“知識の大釜”関連の話になります。
今までRPG要素は、少なくレベル上げなどは、最小限でやってましたがここから多少レベル上げをしないと辛くなったりすると思います。
ただ私の場合、何を間違ったか最大レベル近くまで育てていたので、ここから結構楽に進行できました。

知識の大釜を作ったのは、プラフタ

ソフィーのアトリエ プレイ日記15

細かい部分は、端折って一気に飛びますが“知識の大釜”を作ったのは、プラフタで使うに相応しい人物が現れるまで封印した事を思い出します。
この封印を解く為のアイテム“真理の鍵”を作って知識の大釜を手に入れようとしますが真理の鍵を作るのに必要な材料は、珍しいモノが多く大変とのこと…… 今回も回りの人に色々と聞いて回り問題解決に走ります。

とまぁ、いつも通りの流れで今回のキーアイテム“真理の鍵”を作りますよ。
ちなみにアイテムを錬金術で作る他にモンスター(魔物)を倒すイベントもあるのである程度レベルも必要でした。
先に書きましたが、この辺りで最大レベルまで育てているので戦闘に関しては、問題なく攻略できました。
どちらかと言うと、錬金術レベルを上げるほうがキツかったかな?

何でレベルを上げるのが効率が良いのか分からなかったので“生命の蜜”と“生命バングル”を作ってひたすら作って上げてました。

いざ叡智の門へ!

ソフィーのアトリエ プレイ日記16

真理の鍵を作り封印を解いたソフィーとプラフタ。
封印も解けて知識の大釜を手に入れようと意気込むソフィーですが封印を解いた時、プラフタが何かを思い出します。
何か胸騒ぎがすると言い2人は、“知識の大釜”が封印してある“叡智の門”に急ぎます。

根絶の錬金術

ソフィーのアトリエ プレイ日記17

誰でも錬金術が可能になる知識の大釜を欲しているのは、ソフィーだけでは、ありません。
急いで叡智の門に向かったソフィーとプラフタですが先に叡智の門に入った人物がいました。
それがメクレットとアトミナの2人です。

2人は、過去にプラフタが人間だった頃に戦った根絶の錬金術士“ルアード”を封印した人工生命体だったらしく知識の大釜を使って復活するとかなんとか……
根絶の錬金術は、コスト無視で錬金術を使用できる夢の様な力だけど自然の力を異常なほど使うので危険らしくプラフタは、止める為に過去に戦ったみたい。
ちなみにプラフタは、復活を阻止する為に本になっていたらしいんですが完全に忘れていたみたいですよ。

ソフィーのアトリエ プレイ日記18

とりあえず知識の大釜を使って“ルアード”が復活してシナリオ的に最後のストーリーに移ります。
RPGで言うところのラスボスですが今まで錬金術でアイテムを作る事が主だったので取って付けたようなラスボス感で「急すぎじゃない?」と言った感じが強いですね……

続く!