【ソフィーのアトリエ プレイ日記Part6】 ソフィーのアトリエ(完)

シェアする

ソフィーのアトリエ

今回でプレイ日記は、最後になります。
思っていたより早く終わって少々戸惑っていますが感想記事も書くと思うので生地を替えた時は、宜しくお願いします。

第6回「ソフィーのアトリエ」プレイ日記

ソフィーのアトリエ プレイ日記17

前回でメクレットとアトミナの2人の正体がプラフタが封じた“ルアード”だと言う事が判明。
さらに知識の大釜を使って復活も果たして、さぁ大変。
ルアードは、知識の大釜を持って何処かへ飛び立ってしまいましたが…… これからどうなることやら。

異変

ソフィーのアトリエ プレイ日記20 (1)

魔物が出たり、作物が取れなくなったり異変が起こります。
これは、根絶の錬金術を行った代償で自然の力を多く使ってしまい、この異変が起きたとのこと。
まぁそうなると「止めないと大変な事になるよね?」と言う事でルアードを止めに行きたい所ですがルアードが何処にいるのか分からないので足踏み状態。
ルアードは、プラフタが知る場所にいると踏んでプラフタの記憶を戻す為に今までと変わらずレシピを書き込んでいく事にします。

万物の書庫

ソフィーのアトリエ プレイ日記22

過去にプラフタとルアード2人の夢だった「錬金術で人を幸せにしたい」と思った理由が語られたり、思い出のアイテムを作ったりしてプラフタの記憶が戻るのを待ち遂にプラフタが記憶を全て取り戻します。
ルアードの居場所は、“万物の書庫”で昔のプラフタとルアードのアトリエとのこと。

ラスボス:ルアード戦

ソフィーのアトリエ プレイ日記25

万物の書庫でルアードの説得を試みますが無駄に終わり戦うことになります。
ラスボス戦は、ラスボスらしく全体攻撃やら1発が大きかったり変身したり色々な攻撃をしてきます。
まぁ戦闘要素のようなモノは、少ないゲームなので最大レベルでちゃんと準備して戦えば苦戦せず倒す事ができました。

ソフィーのアトリエ プレイ日記26

ルアードを倒すと体が消えて、メクレットとアトミナの2人に戻りました。
知識の大釜も同時に消滅し2人は、錬金術が使用できない体になり、この戦いも終わります。
この後メクレットとアトミナは、自分たちの間違えに気づいて何処かへ行ってしまいます。

ソフィー達も問題が片付いたので街に戻ります。

ソフィーのアトリエ 完

ソフィーのアトリエ プレイ日記23

ルアードとの戦いも終わりアトリエに戻ったソフィー達。
アトリエに帰ってきて“知識の大釜が消えた”事を思い出し知識の大釜を使って夢を叶えようとしていたソフィーは、慌てますが既に頼めば大体のモノは、作ってくれる錬金術士になっていると周りの人達に言われ自分が目標にしていた“おばあちゃんのような皆を笑顔にできる錬金術士”になっていると気づいてエンディング!