【テイルズ オブ ベルセリア プレイ日記Part7】 ラスボスもハッキリして物語も終盤へ!

テイルズ オブ ベルセリア

ネタバレは、サクッと書いてやらないと分からない程度に抑えてるつもりで書いてると結構飛びますね(挨拶)
今回で物語も後半戦になりますよ。

今回から重要な所のネタバレになるのでご注意ください。

テイルズ オブ ベルセリア プレイ日記

ベルセリア プレイ日記

カノヌシ復活前に喰魔集めに奔走するベルベット一行。
最後の喰魔は、テレサでしたが殺してしまい無駄足に……
アジトに戻ると聖寮の対魔士達が攻め込んできて戦闘になります。
ここで物語は、後半に入ります。

ここからの流れをサクッと書いていくとこんな感じ。

  • カノヌシは、復活してた
  • 喰魔が喰らう穢れは、量より質が重要だった
  • ぶっちゃけ残り2種類の穢れをカノヌシに送れば完成
  • カノヌシは、生贄に捧げられたライフィセット
  • 自分から望んで生け贄になったのでベルベットの復讐は、意味がなかった

とまぁ、こんな感じで今までのベルベットの行動全否定で絶望する流れですね。
ちなみにカノヌシが最後にベルベットから喰らう予定だった穢れの種類は、憎悪と絶望。
復讐の為にアルトリウスを憎んで育てた憎悪と全部無駄だった事への絶望、2つをベルベット1人で賄うアルトリウスの策です。
このあとベルベットが一頻り絶望したりヤケになったりしてましたが立ち直り再度、アルトリウスを倒す為に動き出します。

四聖主を叩き起こす

ベルセリア プレイ日記10 (1)

ぶっちゃけカノヌシに敵わないので力を弱めるために眠っている地水火風の四聖主を叩き起こす事にするベルベット一行。
叩き起こすのに必要なモノが特等の対魔士の力とかでオスカー、テレサを喰っているので残り2人を喰らう事にします。
これで四天王ポジションのシグレとメルキオルの2人とまともに戦う理由が出来ました。

この後は、単純にシグレとメルキオルを各個撃破して喰らい地脈に力を叩き込んで聖主を叩き起こしてラスボス戦になります。

細かい人間関係とかは、置いて軽くストーリーをなぞると大体こんな感じです。
目の前の敵は、目に入ったら倒すを繰り返して進めていたので何とノーマルだと結構楽にボス戦は、いけました。