【東亰ザナドゥ プレイ日記Part3】 チュートリアルも終わって仲間を増やすストーリーメインになってきた!

シェアする

東京ザナドゥ
今回でプレイ日記も3回目!
チュートリアルばかりで嫌になってきた所でやっと物語が中心になるので救われました。

第3回「東亰ザナドゥ」 プレイ日記

東京ザナドゥ プレイ日記11

1~2章のタイトルと違って3章は、ストーリーに因んだタイトルですね。
今回(3章)からチュートリアル的な部分が殆どなくなってストーリーメインでゲームが進行していきます。
チュートリアルで強制的に「おつかい」をやらされるので面倒で仕方がなかったのでやっと楽しんでゲームを遊べました。

3章、ストーリーの流れ

東京ザナドゥ プレイ日記12

とりあえず毎度のように細かい部分を端折りながらストーリーを紹介していきます。
学園で流行っている占いアプリ“神様のいうとおり(通称、神様アプリ)”この、占いの的中率が高いらしく女子達の人気も凄いと、主人公の友達、伊吹遼太がドヤ顔で「今、流行ってるんだぜ」と説明をしている時に遼太がアプリをインストールしているサイフォンに今日の占いが届きます。

東京ザナドゥ プレイ日記13

届いた占い結果は、これ。
占いというより予言のような不吉なメッセージを受け取った遼太。
その後、的中して交通事故になり主人公一同は、この件を調査する事になります。

このアプリを開発した人物が学園にいると言う事で会う事にした洸達。
ただ残念な事に開発者は、不登校で学園にいないので自宅まで行くことになります。
ここまで流れの途中で生徒会長(北都 美月)と出会ったり色々ありますが今回のストーリーに関わらないので端折ります。

東京ザナドゥ プレイ日記14

そんなこんなで出会ったアプリ開発者の四宮 祐騎と出会います。
この物語の中心人物で終盤で操作可能のプレイヤーキャラクターになります。
詳しいキャラ設定とかは、公式サイトをご覧下さい。

「アストラルウィドウ」戦

東京ザナドゥ プレイ日記15

物語も進んで3章最後のボス“アストラルウィドウ”戦になります。
なんか知らんけどボスのケツに糸みたいなモノが付いてましたが、何の効果があったのか分からず最後まで戦ってました。
ボス自体、そこまで強くないので力押しで勝てるレベルです。

そんな感じで3章も終わって4章に続きます。
まだ仲間が全員揃ってないので、次も仲間が増える話になるんかな……