【東亰ザナドゥ プレイ日記Part5】 5話で全員がちゃんと仲間になり、物語もしっかり進む

シェアする

東京ザナドゥ

プレイ日記も第5回に入り、そろそろゲームの核になる物語になりました。
「やっと導入部分かな?」と言ったところなので次のお話でどれ位、動くかが見ものです。

第5回「東亰ザナドゥ」 プレイ日記

東京ザナドゥ プレイ日記21

何時も通り細かい所を端折って紹介(?)します。
今回プレイした5話「迷霧の果てに」ですが今までの仲間集めるだけのストーリーより面白かったです。
とりあえず今回の話で組織や企業の思惑などが色々と渦巻いてることを説明する回だった気がします。
まぁやる事は、基本的に目的地回って、情報集めて異界に入ってボスと倒す流れなんですけどね……

あと、今回仲間になった新しいキャラは、生徒会長の“北都 美月”です。
攻撃方法は、遠距離で弾を撃てるキャラで特殊技でバリアを張れるのでダメージマスやステージギミックは、この人1人で無効化できるある意味、難易度クラッシャーですよ…… これ。

ストーリー

ストーリーの方は、大雑把に説明するとこんな感じ。
街中に霧で凄いことになって神隠しのような事が起きて、さぁ大変。
異界との関連を調べる洸(主人公)達一行だけど今回のグリードは、今までのと比べると危険だから“素人”の洸を置き去りにして明日香が1人グリードを追いかける。
あとを追う洸達だけど、追いついたら追いついたで、また1人で進んで行き最終的に行方不明に……
その後、異界化が収束して行方不明の明日香を探すため、美月や他の協力者の助けを得て明日香を救出します。

そこで5話は、終わりか思ったら残念がら終わらず……
今回の異界(霧)の元凶が学園に有り学園に向かい、元凶を倒して終わりです。

内容自体を一言でまとめると、「明日香が洸達を“仲間”になる話」でした。

「迷夢ノ魔女」戦

東京ザナドゥ プレイ日記24

S級グリードとか言う凄い危険との事でしたがジャンプして移動攻撃と密着してタコ殴りで楽に勝てました。
もっと言えば、安全地帯(安地)が多いので見た目に反して優しいボスキャラでしたよ。