【戦場のヴァルキュリア リマスター プレイ日記part2】 7章終了! 序盤だけど苦戦するステージが多くて楽しい!!

戦場のヴァルキュリア リマスター

ブログでのトラブルが長引いて思っていたよりプレイする事ができていませんが10日に購入した“戦場のヴァルキュリア リマスター”を少しずつ進めています。
とりあえず「序盤を終えて中盤に入るのかな?」と言った所まで行ったので、そこまでの感想を書いていきたいと思います。

戦場のヴァルキュリア リマスター プレイ日記part2

戦場のヴァルキュリア リマスター 序盤

前回、戦争にまきこまれ故郷の町が焼き尽くされて終わりましたが次の章でウェルキン達は、首都に移動して義勇軍に入って早々に戦争しに行くことになります。
割りと一気に進んでいくので細かい描写等は、ありませんが不思議と違和感なく物語を進められています。
と言うより、事細かく説明されるとテンポが悪くなると思うので、これくらいの大雑把さが合ってて良いですね。

序盤だけど苦戦するステージが多い!!

7章「バリアスの決戦」

好き嫌いが分かれるポイントだと思いますが結構難しい部分がありますね。
初見なので深く考えず「序盤だし戦車で突っ込めば余裕でしょうwww パンツァー・フォーwww」とか思いながら突っ込んだら見事に返り討ちにあいました。
何回かやってると攻略の糸口がつかめるので今のところ“諦めずトライ・アンド・エラーで正解を見つけるゲーム”と印象です。

7章終了

セルベリア

とりあえず7章まで終わらせました。
メインキャラクターも出揃った感がありますがここで遂に出てきた“セルベリア”との戦いになり苦戦しながらも攻略できました。
7章で世界観などの大まかな説明が終わった感じなので8章から少しずつ謎みたいなモノが明らかになるんですかね?