月刊コミックキューン(創刊号) 感想! これが「あなたのために作った、新しい4コマ誌。」か!

シェアする

月刊コミックキューン 創刊号

8月27日に創刊した“月刊コミックキューン”を一通り読み終えました。
創刊から購入する雑誌というものは、はじめてなので否応にテンションが上がっていましたが4コマ誌なので一気に読むのが少し辛かったかな?(辛かった理由などは、下で書きます)
日常4コマ漫画がアニメ化されて息の長いコンテンツになる時代なので創刊から応援していきたいと思います。

月刊コミックキューン(創刊号) 読破!

簡単にいえばKADOKAWA・メディアファクトリーの月刊4コマ誌なんですが全体的に日常系でまとめている印象かな……
悪いわけでは、ありませんが同じような雰囲気の作品ばかりなので一気に読み進めるには、ちと辛いものがありました。
創刊号と言うことなので殆どの漫画が1話目なので何を切って何を読み続けるか、判断できないので次号もダラダラと読み続け決めていきたいと思います。

移籍してきた漫画は、ぞくぞく単行本化の流れ?

創刊号ですが他雑誌から移籍してきた作品もあります。
移籍してきた作品に関しては、まだ1巻も出ていないモノばかりで、キューンが創刊された8月27日に移籍してきた3作品の単行本が出たので今後キューンの発売日に合わせて単行本が発売する流れなんじゃないかな?っと……

「パンでPeace!」 アニメ化決定!

パンでPeace! アニメ化決定! (1)

キューン創刊号で「パンでPeace!」アニメ化決定の告知がありました。
先に書きましたが日常4コマがアニメ化して人気が出れば息の長いコンテンツになっているので何時かアニメ化する流れだろうなと思っていましたが予想以上に早く…… まさか創刊から攻めてくるとは、思ってもいませんでした。

ちなみにアニメ化が決定した“パンでPeace!”は、単行本1巻がキューン創刊と同時に発売されました。
その1巻を読みましたが普通にブヒれる日常4コマ漫画だったので良かったですよ!