イノセントデビル 1巻 感想! サイコサスペンスなのか? バトル漫画なのか判断に困るが面白い!

シェアする

「イノセントデビル」1巻を読み終わりました。
内容は、一切知らずに表紙絵に惹かれて購入しました。
実際、読んでみると面白そうなので次巻も楽しみな漫画です。

イノセントデビル 1巻 感想

イノセントデビル 1巻

やってる事は、簡単だけど説明するのが難しい漫画。
1巻は、設定紹介と「大体こんな感じですよー」と言った説明みたいな内容だったかな?
ちなみにストーリー紹介は、こんな感じ。

「無邪気な悪魔」=ひとを殺すことに罪悪感を持てない存在。

ジャック・ザ・リッパ―、エド・ゲイン、アンドレイ・チカチーロ、ジョン・ゲイシー、ジェフリー・ダーマー。
世界を震撼させたシリアルキラーとは別ベクトルに存在する犯罪者群。

それは人類にとっての災厄
しかし同時に、未来への可能性。

犯罪心理学者と助手の美少女コンビがヒトの心の深淵に迫る「自分探し」の物語。

「サイコパスみたいモノかな?」と思ってましたがサイコパスともちょっと違う狂人って感じでした。
サイコサスペンスな雰囲気もありますが1巻は、そこまでサスペンスもしておらず、どちらかと言うとバトル漫画のノリで1巻が終わるので正直、今後の展開が読めません。

まぁ何だかんだ言っても1巻は、そこそこ面白かったので次巻も楽しみです。