賭ケグルイ 5巻 感想 一触即発!夢子と生徒会長が向き合った……

シェアする

賭ケグルイ 5巻

賭ケグルイ5巻を読み終わったので感想を書いていきたいと思います。
前巻でユメミとのギャンブルに勝利した夢子ですが今回は、ユメミを陥れた黒幕との勝負になります。
3巻までは、1巻で2~3個ギャンブルをしてましたが4巻からは、1つのお話で終わっています。
まぁ一応、生徒会との戦い(ギャンブル)になるので仕方が無いといえば仕方がないのですが……

賭ケグルイ 5巻 感想

先に書いたように今回も生徒会役員とのギャンブルになります。
前回に引き続き生徒会との戦い(ギャンブル)になるので生徒会側は、負けたらメンツ丸潰れ状態です。
今回は、生徒会のメガネ男子(豆生田 楓)とのギャンブルになります。

内容自体は、いつも通り負けそうになってからの逆転勝利で終わります。
今回も盛大にギャンブルで文字通り人生賭けてましたが生徒会長と夢子の接触を果たしたのが大きかったかな?
とりあえずこの2人が揃うと怖いですね…… 絵が上手いのも拍車をけて、怖いですわ……

こんな感じで今回で物語自体は、余り進んだ感じは、しませんがラスボス(生徒会長)と向き合ったのは、大きいですね。
一先ず4巻から続いた戦いは、終わった感があるので次の展開、次巻も楽しみです。