「キリングバイツ」 3巻 感想! ヤモリの姉さん強すぎワロタwww

シェアする

キリングバイツ 3巻
月刊ヒーローズで連載中の“キリングバイツ”3巻を読み終えました。
3巻から牙闘獣獄刹(キリングバイツ・デストロイヤル)の戦闘がメインになります。
戦闘シーン多めで敵キャラメイン回な内容なので1~2巻とは、違った意味で面白かったです。

「キリングバイツ」 3巻 感想

1~2巻では、「流石、主人公! ラーテル強すぎ!!」と言った感じの戦闘でしたが3巻では、敵の財閥チームメイン回が多く苦戦を強いられるシーンが多め…… と言うか大体がボコられてピンチになる事が多かったですね。
まぁ、ここで負けて殺されたら漫画も終わってしまうので死ぬような事は、無く逆転勝利を掴む形になりますが……

戦闘シーンでは、変則的な2対2(ラーテル&チーターVSコブラ&ヤモリ)のダブルマッチの戦いがメイン。
ダブルマッチと言っても2人で戦う事は、無く基本的にやってる事は、1対1の戦いなので戦闘自体は、代わり映えしなかったのが残念。
パッと見た感じ爬虫類の方は、勝てる要素が全く無いような気もしますが能力自体は、強力なのでいい戦いでした。
とりあえず爬虫類の方は、ヤモリの姉さんが半端なく手強いのと「ヤモリって凄いんだな……」と思えるそんな内容でしたよ。

プレイヤー側の動きが分かり難い……

大体が戦闘回…… と言うより戦闘メインでやっているのでプレイヤー側の視点は、少なめ。
肝心の主人公側のプレイヤーが思考停止して瞳任せなので仕方が無いといえば仕方がないのですが………
今回は、獣人の人たちの過去などが少し描かれたのでプレイヤー側は、次巻に期待します。