「魔法少女特殊戦あすか」 1巻 感想! 豪華トリオが描く、マジカルミリタリーアクション!!

魔法少女特殊戦あすか 1巻

ビッグガンガンで連載中の“魔法少女特殊戦あすか”1巻を読み終えました。
ビッグガンガンを購読していないので単行本が出て初めて知った作品でしたがサクサク読み進められました。
魔法少女まどか☆マギカ”以降、魔法少女を題材にした漫画が増え続けていますが本作(1巻)は、最初から最後まで魔法少女らしいキラキラした雰囲気が一切ありません。
どちらかと言うと血と硝煙の臭いが凄くする、そんな魔法少女漫画です。

ちなみに帯で“魔法少女まどか☆マギカ”で一躍アニメの方でも有名になった虚淵玄が「魔法少女にこんな残酷な運命を背負わすなんて、ひどいよ!あんまりだよ!」と書かれています。

「魔法少女特殊戦あすか」 1巻 感想

作品の世界観とかストーリーは、こんな感じ。

謎の生物・地冥界(ディスアス)の侵攻によって危機に瀕していた人類は、不思議な魔法の力を得た魔法少女達の活躍によって救われた…。そして3年後、それぞれの生活に戻った彼女達に、その日常を切り裂く新たな事件が勃発!! 人類の救世主となり“伝説の5人(マジカル・ファイブ)”と呼ばれた魔法少女達は、運命に翻弄されながらも懸命に現在(いま)を生きる…。

【引用元:魔法少女特殊戦あすか | ビッグガンガン | SQUARE ENIX

1巻を読んで内容を簡単に書くと、こんな感じかな?

  • 魔法少女達が地冥界(ディスアス)から世界を救ったけど世界は、平和にならんかった……
  • あすか「魔法少女は、もうやめた、 殺してると身近な人もたくさん死ぬし……」
  • 何だかんだで言っても、また魔法少女に復帰する事になるよ

かなり大雑把だけど1巻は、プロローグと世界観の紹介とか説明で終わった感じ。
2巻から物語も進むと思うので2巻を早く読みたい衝動に駆られます。

ぶっちゃけグロいの?

血みどろスプラッタな展開がバンバンありますがゴアと言うかグロというか…… まぁそう言う表現は、弱め。
まぁそこら辺は、人によって感じ方は、違うと思いますけどね……