「ステラのまほう」 3巻 感想! 珠輝主導のゲーム制作開始!!

シェアする

ステラのまほう 3巻

まんがタイムきららMAXで連載している“ステラのまほう”3巻を読み終えました。
前巻でゲームを作り終えましたが今巻でもゲームを作っているので毎巻何だかんだでゲーム作ってましたよ。

「ステラのまほう」3巻 感想

今巻は、生徒会に目を付けられて「文化祭で結果(活動成果)を見せられなかったら部室取り上げね!」と言った感じのお話がメインになります。
まぁアレです、部活モノでよくある“部活存亡の危機”のような内容です。
ゲーム制作の方は、いつもの様にノベルゲーを作るのかな?と思ったらノベルゲー以外を作る事になるので今まで以上に大慌てでゲームを制作します。
ネタバレすると結果は、大盛況に終わって部活の危機を脱して3巻は、終了でした。

ゲーム制作以外の部分だと2巻に引き続き先輩達の過去話ですかね。
コレに関しては、「こんな感じでSNS部が出来てメンバーが集まったんだよ」的な話なので特に言う事もありません。
1~2巻とくらべても、あまり雰囲気も変わらないので特に可もなく不可もなくと言った感じでした。

とりあえず3巻を一言で言うと“珠輝主導のゲームを作って部活危機を逃れる”そんな巻でしたよ。