篠崎さん気をオタしかに! 7巻 感想 秋菜がドンドン染まっていく……

シェアする

篠崎さん気をオタしかに! 7巻

篠崎さん気をオタしかに!7巻を読み終わったので感想を書いていこうと思います。
今回は、冬コミやら初詣などの季節イベントがありますがやってる事は、いつも通りです。

篠崎さん気をオタしかに! 7巻 感想

今回の藤崎さんは、コミケス(コミケ)行ったり初詣行ったり、プリピュアショー見に行ったりします。
楓を真人間に戻すためにオタク知識を身に着けていく藤崎さんですが今回は、真人間に戻すというより自分が染まっていることを自覚し始めた感がありましたね。
ちなみに今回は、今まで以上に突っ込んだ秋菜の「楓×秋菜」の妄想が繰り広げられるので、この調子でいくと元の「オタク娘を普通の人(真人間)に戻しそうとしたら自分がオタクに染まってた」って漫画だったのがオタクに染まったらガチ百合になる漫画になりそうですね……

秋菜以外だと今回は、兄貴の真が目立ってたかな?
秋菜の友人、小夏と金髪少女のエイミーを秋葉原案内して毎度のことですが真メインの話は、いい話になりますが例に漏れず今回もいい話でしたよ。

とまぁ、いつも通りの所もあればいつも以上に秋菜がおかしくなったりしているのが今回の7巻でしたね。
安定した面白さですしキャラも増えてきていましたが、ある程度やる事やったので今後どうするのか気になりますね……