すのはら荘の管理人さん 2巻 感想! 新キャラ登場で姉ショタが加速!今巻は、水着多めだったぞ!!

すのはら荘の管理人さん 2巻  特装版特典ドラマCD

すのはら荘の管理人さん2巻を読み終えたので感想を書いていこうと思います。
1巻で管理人さん完全優位のダダ甘な姉ショタ漫画って感じでしたが2巻で新キャラも増えてショタ(椎名)が1巻以上に可愛がられますよ。

すのはら荘の管理人さん 2巻 感想

2巻は、新キャラの登場で椎名の回りに新たなお姉さんが増えます。
1人は、1巻で予告されていた管理人さんの妹(菜々)も登場します。
他にも菜々の友達のショタコン2人(莓愛と舞子)が登場、全員年下の男の子が好きな人達なので1巻以上に椎名は、可愛がられているのでショタ受けの姉攻めが好きな人は、嬉しい展開かと……

新キャラ事ばかり書きましたが今巻も相変わらず管理さんは、甘やかしてくれたりコスプレしたりするので安心してください。
まぁ今巻は、季節が夏って事もあって水着になるシーンが多かったかな?
あの男の理性を吹っ飛ばすスタイルを存分に魅せつけてくきます。
他にもスーツ姿に浴衣、表紙カバー下の管理さんコスプレチャレンジは、体操着(ブルマ)などもあります。

先に何度も書いていますが2巻も1巻と同じようにショタ受けの姉ショタ漫画(健全)なので楽しめました。
特装版特典ドラマCDも良かったので次巻もあると嬉しいです。

特装版特典ドラマCD

すのはら荘の管理人さん 2巻

Track2の「管理人さんの添い寝ボイス」がとてもヤバイ。
バイノーラル録音で不意打ちで耳元で囁かれる感じなので半端じゃない破壊力。

佐藤利奈さんの声で管理人さんの甘ったるいセリフを“バイノーラル録音”で聞けるので大変です、「鼓膜と脳が溶ける」って表現がピッタリの1発キメれば最高の気分になれるCDでしたよ。