「わたしの友達が世界一かわいい」 1巻 感想! ネガティブ中二病患者×ゆるふわヤンデレ少女

わたしの友達が世界一かわいい 1巻 感想

コミックキューンで連載中の“わたしの友達が世界一かわいい”1巻を読み終えました。
1感が発売してから少し時間が経ってしまいましたが完全に買ったのを忘れてましたよ……
コミックキューン創刊時の表紙が実は、この作品でしたが単行本が出たのは、1年後になっちゃいましたね。
まぁ現在コミックキューン作品がアニメ化されているので「これもアニメ化されるといいなぁ~」と思いながら1巻の感想を書いていきたいと思います。

わたしの友達が世界一かわいい 1巻 感想

もの凄く簡単に作品の内容を説明すると「かわいい女の子がイチャついてる漫画」ですね。
表紙裏に“ネガティブ中二病患者×ゆるふわヤンデレ少女”と謳っていますがヤンデレ感は、特にありません、スプラッタな展開は、無いので安心してください。
メインになるのは、小春とまりあの2人、他にもキャラクターは、登場しますが2人1組で出てくるのでカップリング固定。
正反対の二人がイチャついてる漫画なので百合っぽい要素もそこそこあるので好きな人には、オススメです。

コスプレ多め

今回の1巻では、メインキャラのまりあが結構、衣装がかわります。
和風メイド、水着、サンタ、巫女、体操着などなど。
1巻で結構、脱ぐので次巻も楽しみです。